「豊かさ」という価値を暮らしの中にデザインする。
メイン写真メイン写真

第一線で活躍するアトリエ建築家がデザイン

アトリエ建築家は『住まいをつくるプロ』

美しいデザイン、暮らしやすいデザイン、庭や周辺環境とのつながりのデザイン、性能のデザイン、そしてご予算の中でおさまるデザイン。どれも大切な家族の暮らしを育む家には外せない要素です。CODA DESIGNの住まいをデザインする100名ほどのアトリエ建築家は、そうした「暮らしのデザイン」のプロ集団です。

アトリエ建築家は「住宅づくりが好きな人」=「人の生活をつくることが好きな人」。ただ「かっこいいものが作りたいから建築家をやっている」というだけの人はいません。「建てるプロ」と「住まいをつくるプロ」は違います。限られた予算の中で、どれだけお客様の家族構成や現在のライフスタイルを叶えていくか、あるいは将来を見据えた設計をするか、それらを全て叶えつつどうやって予算の範囲できれいにおさめていくのか。そういうことをするのが、住まいをつくるプロです。

「CODA DESIGN×R+house」のアトリエ建築家は、ムダを省き、性能の高いデザイン住宅をつくるための「ルール」を共有、熟知し、その上で極めて素晴らしいデザインをつくり上げる「住まいをつくるプロ」です。この優れた「ルール」があることで、建築家は存分にセンスを発揮し、かつオーナー様に安心頂ける価格でデザイン住宅をご提案できるのです。

写真1写真1

「建築家」+αのチカラ

日本には国家資格として「一級建築士」「二級建築士」といった資格があります。 「建築士」というのは、法規制や施工を考えて建物を計画、設計するために必要な資格です。「CODA DESIGN×R+house」のアトリエ建築家は、建築士という資格をもちろん持った上で、それに加えて暮らし方の提案や住みごこち、デザイン性の追求といった面に特長があります。

全国から厳選された能力の高いアトリエ建築家は、ドイツの職人マイスター制度に習い「マイスターズクラブ」を結成しています。建築家同士で互いの設計事例を公開し合い、共同で職能向上のための研修や勉強会を開催し、切磋琢磨しています。このマイスターズクラブという、デザイン住宅の能力を高める制度があるのも「CODA DESIGN×R+house」の強みと言えます。

アトリエ建築家たちの想い

目に見えるデザイン、目に見えないけど暮らしの「要」となる動線やつながり。そして耐震性能、断熱気密性能、長く使える性能。そうしたことをすべてデザインされた住まいが、本当のデザイナーズハウスだと考えています。あなただけの理想の暮らしをデザインする建築家たちは、それぞれに強い想いをもっています。


F憩家デザイン/居藤 節子
  • 1963年 山口県生まれ
  • 1983年 鈴峰女子短期大学 外国語科英語専攻卒業
  • 1983年 オンワード樫山 入社
  • 1985年 照明会社 入社 スタイリスト業に携わる
  • 1988年 ADE設計事務所 入所
  • 2012年 THIS ONE DESIGN OFFICE 入所
  • 2016年 F憩家デザイン 設立

住まいは家族の人生を刻む大切な空間。その空間で起こるいかなる出来事をも心から楽しめる雰囲気や、住んでから始まる快適な体験を、私たちならではの感性でつくります。住まう人の人生を充実させる心配りの行き届いた家づくりを大切にしています。

植本計画デザイン一級建築士事務所/植本 俊介
  • 1963年 東京都生まれ
  • 1986年 東京大学 工学部建築学科卒業
  • 1988年 東京大学大学院都市工学修士課程修了
  • 1988年 株式会社曽根幸一・環境設計研究所 入所
  • 1998年 植本計画デザイン一級建築士事務所 設立

家づくりは、建主さん・建築家・工務店が、敷地という舞台で行う「コラボレーション」です。建物はあくまで敷地に建つもの。周辺環境から突出するのではなく、敷地が持つ潜在的能力を最大限に生かすと同時に周辺環境にも良い影響を与える存在でなくてはなりません。そのような家づくりを常に心がけています。

words worth craft/木内 浩司
  • 1976年 香川県生まれ
  • 2000年 東和大学建設工学科卒業
  • 2000年 空間設計研究所 入所他
  • 2010年 words worth craft一級建築士事務所設立

住宅設計で大切な事は2つあります。1つは土地(環境・風土・方位)が持つ特性に寄り添い、最適なアイディアを導くこと。 2つ目は対話により住まう人の想いを読み取ること。家族の距離感と笑顔の姿を想像し、街並みや環境にそっと溶け込む住宅建築をめざしています。

Atelie if一級建築事務所/齋藤真二
  • 1971年 東京都生まれ
  • 1994年 日本大学理工学部建築学科卒業
  • 1994年 コーナン建設(株)設計本部 入社
  • 1996年 設計事務所、ハウスメーカー等
  • 2001年 住友林業2×4(株) 設計部 入社
  • 2003年 Atelier if 一級建築士事務所設立

家族の形はいろいろありますが、私は楽しさや高揚感、やすらぎや落ち着きなどの「感性」を大切にし、空間に表現します。自分たちが家に合わせるのではなく、住まい手の感覚でどんどんカスタマイズし、自分たちに家を合わせていく事ができるような、一般的な住まいの方とはちょっと異なる家づくりの応援をしていきたいと思っています。

佐倉由浩建築研究所/佐倉 由浩
  • 1967年 千葉県生まれ
  • 1989年 日本大学理工学部建築学科 卒業
  • 1989年 積水ハウス株式会社 入社
  • 1990年 株式会社日建ハウジングシステム 入社
  • 2001年 森ビル株式会社 入社
  • 2005年 佐倉由浩建築研究所 設立

日々の暮らしを原点に、ユニークなアプローチで「居心地のいい楽しいすまい」の提案をしています。季節の移ろいや、家族どうしの気配を感じる「五感に響く空間」を目指し、ライフスタイルの変化や家族の成長に歩調を合わせた住みこなしができるようなプランニングを心がけています。

テレデザイン一級建築士事務所/田島 則行
  • 1964年 東京都生まれ
  • 1991年 工学院大学工学部建築学科 卒業
  • 1993年 イギリスAAスクール大学院 修了
  • 1997年 TATA建築事務所 設立
  • 1999年 テレデザイン一級建築士事務所 設立

どの住宅でも一期一会の機会と捉えて、そのクライアントの意見に耳を傾けて要、望を最大限に引き出すように工夫をしています。また、敷地の条件や環境に配慮して、光の取り入れ方やリビングや空間の広がりだけでなく、機能的かつ長く住める住まいを設計しています。そして断熱性能や耐震性能を十分に高めたバランスの高い住宅設計を心がけています。

長江紅美建築設計事務所/長江 紅美
  • 1980年 岡山県生まれ
  • 2002年 香川大学工学部安全システム建設工学科 卒業
  • 2004年 法政大学大学院工学研究科建設工学専攻 卒業
  • 2004年 千葉学建築計画事務所 入所
  • 2006年 アーキエア一級建築士事務所 入社
  • 2011年 長江紅美建築設計事務所 設立

住まう人だけでなく、そこに訪れる人たちにも、そっと寄り添うような住宅をつくりたい。住宅は、生活する上で最も身近な「環境」です。その「環境」は、人を優しく受け入れるものであってほしい。そんな住宅をつくるために、柔軟な発想と力強い信念を大切にしています。

一級建築士事務所楽工舎/ナカノ ハジメ
  • 1971年 和歌山県生まれ
  • 1994年 名城大学理工学部Ⅱ建築学科 卒業
  • 1994年 設計事務所勤務
  • 2000年 キューブ建築研究所パ-トナー
  • 2005年 一級建築士事務所楽工舎 設立

クライアントご家族の「想い」「こだわり」をカタチにします。デザイン・使い勝手・適応力・構造強度などをバランスよく考え、長い間気持ちよく住み続けて頂けるような設計を心がけています。新しい住まいが、家族の愉しい『想い出』や『記憶』の一部になれれば幸いです。

平野太郎建築設計事務所/平野 太郎
  • 1977年 大阪府生まれ
  • 1998年 大阪工業技術専門学校建築学科 卒業
  • 2000年 設計事務所 入社
  • 2015年 平野太郎建築設計事務所 設立

家づくりはお客様の夢と希望で溢れています。「こんな家に住みたい」「こんな生活がしたい」、それらの「住みたい、したい」をできるだけ伝えてください。一つでも多くの夢と希望を叶え、世界に一つだけの幸せいっぱいの住宅をお客様と共につくりたいと願っています。

藤田大海建築設計事務所/藤田 大海
  • 1973年 東京都生まれ
  • 1999年 東海大学大学院工学研究科建築学専攻 卒業
  • 1999年 岡江建築研究所+CIRCLE (長野県安曇野市)
  • 2000年 石黒由紀建築設計事務所 入所
  • 2002年 若松均建築設計事務所 入所
  • 2005年 藤田大海建築設計事務所 設立
  • 2011年 東海大学非常勤講師

ニュートラルな視点に立って住まい創りのご提案をしていきたいと考えております。のびやかな空間を創造します。住まい手が自主選択できる温熱環境を確保します。生活の変遷に対応できるしなやかな計画をします。どこか愛着のわく家づくりをします。

藤本誠生建築設計事務所/藤本 誠生
  • 1979年 熊本県生まれ
  • 2002年 森繁建築研究所 入所
  • 2012年 矢橋徹建築設計事務所 入所
  • 2015年 藤本誠生建築設計事務所 設立

使われ続ける建築をつくること。可能性のある建築を考え続けること。1つの建築が連鎖し、街、都市、思考が共鳴していくことを指標にしています。重視していることは、敷地へのアプローチ・ゾーニング・動線・高さの価値付・プロポーション・クライアントの思いを紐解いていき、無意識な感覚をみつけ、価値付けし、建築空間へとつなげてく作業を繰り返します。完成した時に違和感なくやっと会えた感覚をもっとも重要視しています。

藤本誠生建築設計事務所/藤本 誠生
  • 1973年 京都府生まれ
  • 1998年 関西大学大学院工学研究課建築学専攻 卒業
  • 1998年 遠藤秀平建築研究所 入所
  • 2005年 宮武淳夫建築+α設計一級建築士事務所(略称:建築+α設計) 設立

長く快適に住める家。そのためには、使い易く、丈夫で、キレイにかたづいた空間であることが、いつでも誰にとっても大事なことかと思います。一方で建て主さまの生活の特性や好み、土地のもってる個性もあります。対話や読み取りを通して、それらの総合的な関係のバランスをかたちにすることが、私の仕事だと思っています。

建築設計工房BO5/山口 智久
  • 1968年 神奈川県生まれ
  • 1991年 宇都宮大学工学部建築工学科 卒業
  • 1991年 設計組織ADH 入社(2009年よりパートナー)
  • 2015年 建築設計工房BO5 設立

家づくりにおいて最も大切なことは「コミュニケーション」だと思っています。施主、設計者、施工者それぞれの間の良好なコミュニケーションによってしっかりと舵を同じ方向に向け結果、出来た住まいが家族間コミュニケーションが活発な明るく心地よい居場所になることを望んでいます。

建築計画設計事務所/山本 清美
  • 1966年 石川県生まれ
  • 1988年 福井大学工学部建築学科 卒業
  • 1988年 デベロッパー建築部 所属
  • 1996年 アトリエ系建築設計事務所 入所
  • 1998年 一級建築士事務所 建築計画設計事務所 設立

自身の住まいを建てることは、生涯で貴重な経験ですから、愛情を持って永く暮らしていただける住まいの設計を心がけています。永く住んでいただくために、敷地の受けている自然環境に十分に配慮された設計であること、そして、家族構成やライフスタイルの変化を想定し、できるだけ自由度の高い設計であることの2点を大切に考えています。

藤田摂建築設計事務所/吉岡 香織
  • 1978年 香川県生まれ
  • 1999年 香川職業能力開発短期大学校住居環境科卒業
  • 2001年 藤田摂建築設計事務所入所

ライフスタイルを気持ちよくする家づくりを心かけています。

次のページをみる次のページをみる
弊社へのお問い合わせ